羊の時刻

荻サカエの個人文芸部『羊の時刻』のブログです。いろいろ書いて載せていきます。 カクヨムに小説をいくつか置いてあります。 https://kakuyomu.jp/users/hitsujinojikoku メールアドレス hitsujinojikoku(アットマーク)gmail.com 当ブログの文章、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮下さい。

第七回文学フリマ大阪(2019年9月8日)に参加します。

 大変お久しぶりの更新となりました。お知らせです。

 2019年9月8日(日)に開催される文フリ大阪に参加します。

bunfree.net

 新刊は今書いてます。内容など詳しいことにつきましては追い追い、このブログにて告知していく予定です。よろしくお願い致します。

 

 以下近況。

f:id:hitsujioclock:20190302083346j:plain

 近頃は近所の鳥を撮るのにハマっています。と言うほど熱心でもないのですが、楽しいです。カルガモのまぶたは白いということを知りました。

f:id:hitsujioclock:20190302083926j:plain

 寝てると思ったら一羽起きていて見られていた、という一枚。

2017年5月のおやつ

 二年前の今頃は何をしてたのか、パソコンの写真フォルダを開いてみたら可愛いのが発掘されたので貼り付け。

f:id:hitsujioclock:20190507154941j:plain

「風が語りかけます」のCMで一部地域の人にはおなじみの「十万石ふくさや」の「はにわさぶれ」。割れてしまっていてもそれはそれで「出土」っぽさが増して可愛らしかったです。また食べたい。 

令和最初の衝動買い・文具編

 テレビでこれを見た時にはこんなの誰が買うのかと思ったものでしたが、自分が買いました。

f:id:hitsujioclock:20190507150214j:plain

 令和下敷き。

 買ったからには当然官房長官のポーズを自分でもやって見せ人にもやってもらいましたがそれをするためだけに買ったわけではなく、本当に欲しかったのは裏面。

f:id:hitsujioclock:20190507151533j:plain

 元号一覧。普段こういうもの(https://kakuyomu.jp/users/hitsujinojikoku/works)を書いているので、これは便利かも、と。

 これ一枚で執筆時の元号の確認はすべて解決とはなりませんが(何月に改元したか、とか、その年の何月は新暦の何月から何月に当たるのか、とかは結局いちいち調べるので)、たとえば布団で昔の歌集を読んでいてその詞書に「元久二年二月の除目に云々」と書いてあったとき、元久って何年から何年だったかを知るためだけに布団から出て電子辞書を持ちに行って「げんきゅう」と入力するのは億劫です。そういう時に使えるだろうと思って買いました。衝動買いその1の言い訳と自慢おわり。

 衝動買いその2はこちら。

f:id:hitsujioclock:20190507152349j:plain

 キングジムの電子落書き帳・ブギーボード。新型が出たからなのか、この旧型は1900円で投げ売りされていたので飛びつきました。実は長年欲しかった。タブレットと違っていま書いた線だけを消す、いっこ戻る、の機能が無いので一発書きしかできませんが、おかげでかえって集中して落書きができてすごく気分がすっきりするみたいです。

元号が変わったからと言って

何が変わるわけでもなく。一昨年と去年に続いて今年もペチュニアの苗を植えたりゼラニウムを見切り品で安く買って来たり、普段どおりの五月です。

 こちらが今年植えたペチュニア《藤色小町》。

f:id:hitsujioclock:20190506145759j:plain

 「ハルディン」さんのペチュニアはとにかく強い。この写真の苗も実は撮影前に一度植え付け完了した直後うっかり鉢ごとひっくり返してしまって再度植え付け直したものなのですが(だからよく見ると土をかぶっています)、その後もすくすく育っています。頼もしいです。

 ところで中公新書ワイド版の表紙は帝国ホテルマガリンの箱に似ていると思いませんか。

f:id:hitsujioclock:20190506150134j:plain