羊の時刻

日記代わりの雑記置き場。/自己紹介:荻サカエです。 カクヨムに小説を書いて置いてあります。 https://kakuyomu.jp/users/hitsujinojikoku メールアドレス hitsujinojikoku(アットマーク)gmail.com

文フリ京都向けの本、二作めの入稿完了。

 年内にどうにかここまで終えられてホッとしました。そしてそんなタイミングでちょっと嬉しい出来事があったので下に貼ります。

 

 縄文式土器、能面、琵琶。あとひとつ「新古今歌人」にちなんだ家具が入手できれば文フリ京都2018で出す本にちなんだ家具コンプリートなんだけど何か持ってたっけ、と、手持ちの家具を見回してみたら、ちょうどいいのがありました。下の写真にも写り込んでいる「モミジのぼんさい」。

 

“下紅葉かつ散る山の夕しぐれ濡れてやひとり鹿の鳴くらむ”

(新古今和歌集・巻第五・秋 藤原家隆)

  

 というわけで、何事も無ければ2018年1月の文学フリマ京都では四種類の新刊が出る予定です。二種類はオンデマンドで少部数印刷。あとの二種類はコピー本、これから頑張って印刷してはりきって折って綴じます。

 もし当日、会場のお近くに来られることがありましたら、是非サークル『羊の時刻』のブースにもお立ち寄りください。よろしくお願い致します。

 荻サカエの小説はカクヨムにて公開中です。

荻サカエ(@hitsujinojikoku) - カクヨム

文フリ京都準備進行中

 とりあえず一作、印刷所から無事届いて支度できたので、持っていく本が何も無い、という事態は回避できました。よかったよかった。コメダのたっぷりブレンドコーヒーで乾杯。 

f:id:hitsujioclock:20171120185835j:plain

宿も確保

 文学フリマのための宿探し。まだ三ヶ月以上も先なんだから空室だらけだろうと余裕しゃくしゃくで検索をかけたところ、私が希望する価格帯の部屋は結構すでに埋まってしまっていて焦った。さすが京都。

 探しに探して、会場からだいぶ離れた場所にどうにか見つけられたので迷わず予約。当日は早起きしないと。文学フリマ前日は奈良まで足を伸ばして鹿を眺めまくりたい。二時間くらい見つめたい。楽しみになってきた。

f:id:hitsujioclock:20171019201756j:plain

 写真は先日の神道祭のときの舞台(出車のことを松本では「舞台」と言うのだそう)の人形《蘭陵王》。去年も見たし夏も見たけど、何度見てもかっこいい。

 後ろから見てもかっこいい。

f:id:hitsujioclock:20171019201850j:plain

 

 ついでに去年撮った写真も。

f:id:hitsujioclock:20171019202106j:plain

松本そば祭りの写真など

 寒くておなかがすいていくら食べてもひもじいので食べ物の写真を眺めてやり過ごしたいと思う。空腹を感じるたびにいちいち食べてたら体が保たない。

f:id:hitsujioclock:20171017192631j:plain

会津磐梯そば道場」の会津地鶏そば。同じお店の「高遠そば」(そばを大根おろしと醤油? で食べる)も美味しかった。

 

f:id:hitsujioclock:20171017192810j:plain

 信州十割ぼくち蕎麦。「オオヤマボク」という植物の葉を練り込んだお蕎麦らしい。歯ごたえモチモチで後味は爽やかで、これが一番美味しかったかも。

 

f:id:hitsujioclock:20171017193017j:plain

 なめこ蕎麦はどこのお店でも大人気で売れ切れ続出でなかなかありつけなかった。やっと探し当てたこのお店のなめこ蕎麦は「山菜そば」という名前だったから売れ残っていたのかも。

 デザートにはプリン専門店のプリンパフェ。

f:id:hitsujioclock:20171017193627j:plain

 右下に写り込んでいるマヨネーズのような物体は「天使の飲むプリン」。凄いこと考える人がいたものだ。

 そばの花も咲いてた。

f:id:hitsujioclock:20171017194730j:plain