羊の時刻

自己紹介:荻サカエです。 いろいろ書いて載せていきます。 カクヨムに小説をいくつか置いてあります。 https://kakuyomu.jp/users/hitsujinojikoku メールアドレス hitsujinojikoku(アットマーク)gmail.com 当ブログの文章、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮下さい。

文フリ東京用にペーパー(お品書き)を作りました。

 新刊と既刊の内容紹介、価格、本文の一部抜粋が載ってます。

f:id:hitsujioclock:20180424131522j:plain 

f:id:hitsujioclock:20180424131546j:plain

 頑張って作りました。会場のチラシ置き場(エスカレーターのすぐそばらしいです)と自分のブース(イ-30)に置く予定ですので、是非お持ち下さい。

【新刊告知】荻サカエ『カンロとシグレのスイカジュース。』

 2018年5月6日(日曜日)、「第二十六回文学フリマ東京」にて、

 ブースno.【イ-30】 サークル名『羊の時刻』

 で頒布する新刊の告知です。

 書き下ろしの長編小説です。

f:id:hitsujioclock:20180418184802j:plain

『カンロとシグレのスイカジュース。』

著者:荻サカエ

(A5サイズ/本文二段組み/104ページ) 

予価:600円

 

 垂れ耳うさぎの少年・カンロと白黒ぶちうさぎの少年・シグレが標高の高い山々に囲まれた町・アズロドで、スイカジュースを探して冒険するお話です。

 以下、登場うさぎ紹介と目次です。

【主要登場うさぎ紹介】

シグレ 
 十三歳の少年うさぎ。白黒ぶち。ちょっと癖毛。顔の模様が左右で非対称なので「生意気」とか「ひねくれてる」とか、外見で判断するうさぎには思われがち。ムギボシの弟。日記と料理が好き。

カンロ
十三歳の少年うさぎ。バタートースト色で垂れ耳。ムギボシに育てられた。垂れ耳なのでおとなしそうに見られがちだけれど実際の性格は断乎たるものがある。絵と料理が好き。

ギボシ
二十八歳、旅する料理うさぎ。もともとは王宮の専属料理うさぎだったが、美味しい食材や知られざる調理法、忘れられた古代の料理との出会いを求めてその地位を返上。黒うさぎ。

ハッカ氏
ビロードのような手触りの被毛の灰色うさぎ。文筆家。脚本や戯曲、小説を書くほか、詩の評論でも名を馳せる。インドア派なのにわりと筋肉質。シグレの第二の育ての親。

アスパラ
《パセリ書房》の店主。十六歳の少女うさぎ。ふわふわの長毛でチョコレート色。毛が長いので暑さに弱い。

山登りうさぎ(茶白)
《パセリ書房》を訪れた山登りうさぎは数多けれど、彼ほど山を知り抜いたうさぎは他にいない。知るうさぎぞ知る登山うさぎ。

レンゲ
ハッカ氏脚本のラジオドラマシリーズの主人公うさぎ。平日夜八時半から絶賛放送中!(一部地域では放送期間が異なります)

ナバナ
 耳の先だけブルーグレーの白うさぎ。昼間は八百屋の店番をしつつ夜は翻訳の学校に通う。

  うさぎ好きの方は一読してピンと来たと思いますが、「ハッカ氏」は私たちの住むこの世界のうさぎの品種で言うところの「レッキス」です。ビロードのような毛で筋肉質。

【目次】

Ⅰ いま駅に着きました。発車は半時間後です。
Ⅱ 耳の神様にお参りしました。
Ⅲ 宿が無事決まりました。本屋さんの二階です。
Ⅳ アズロドは朝は少し寒いです。でも空気が綺麗です。
Ⅴ ごはん屋さんを始めました。週に三日、お昼だけの食堂です。
Ⅵ きのうは雨でした。一日ずっと二階に居ました。
Ⅶ 《月追い兎形(うさぎょう)》を同封します。窓や軒下に吊すと願いが叶うそうです。 
Ⅷ ムギボシへ。誕生日おめでとう。 
Ⅸ スイカジュースの店を見つけました。
Ⅹ スイカジュースを作りました。美味しくできました。
Ⅺ これから帰ります。帰ったらスイカジュースを作ります。 

 

 5月に出すなら、ということで、来たる夏にふさわしく夏のお話を書きました。表紙の紙もちょっと涼しげになるように「ペルーラ スノーホワイト」を選択(本文用紙は今回も淡クリームキンマリ72.5kgです)。

 見に来ていただけると嬉しいです。

 

(追記。)

 Webカタログを更新しました。新刊と既刊の書影やあらすじ、予価など載せてあります。

c.bunfree.net

 既刊については近日中に詳しい紹介記事を書く予定です。それまでのつなぎとして、twitterでの既刊についてのつぶやきを貼っておきます。

 

 

 

 

 既刊について過去に書いた記事はこちら。

hitsujioclock.hatenadiary.jp

 

そういえば先日サラメシの

第8シーズン第1回の放送を見ていたら、もうずっと何年も前に国立科学博物館新宿分館の見学に行ったとき骨格標本の説明をしてくださった職員の方が出てらしてびっくり。骨格標本や剥製を作ることの重要性を語るときの爽やかな熱っぽさがあのときと全く変わっていなくて、なんだか胸が熱くなりました。

 そのときの写真パソコンにまだあるかな、と今探してみたら、あったので貼っときます。日付見たら11年前でした。

f:id:hitsujioclock:20180415201040j:plain

 引き出しを開けると几帳面に並べられた鳥の剥製がずらり。

f:id:hitsujioclock:20180415201219j:plain

 サラメシに出てらしたかたはたしかこの部屋で説明をしてくださったんだったと記憶してます。自転車置き場みたいに大型ほ乳類の骨がずらりと並んでてこれも壮観でした。また行きたいなあ。